スローコアピローは自律神経にもいい?利用者の感想と口コミ

自律神経の回復イメージ

肩こりや首こり、ストレートネック対策で有名になったスローコアピローですが、自律神経の乱れを整えるためにスローコアピローを使っている人も多くみえます。

スローコアピローで効果が出やすいパターンは、肩や首のこり、あるいはストレートネックになっていて自律神経失調症の症状も出ている場合です。

こういう状況だとスローコアピローが役立つかもしれません。

このページでは、スローコアピローと自律神経の関係についてお話します。

 

自律神経失調症とは?

自律神経失調症に悩んでいる人は非常に多いです。

既に病院で自律神経失調症と言われた方はご存知だと思いますが、自律神経失調症は「病名」ではなく状態です。

状態と言われてもちょっと分かりにくいですね。

自律神経失調症はいわゆる不定愁訴のこと。

不定愁訴とは、原因がはっきり分からず、検査をしても原因が見つけられない不快な症状のことを呼びます。

病院ではこのような不定愁訴が続いている状態を「自律神経失調症」と呼んだりします。

原因がはっきり分からないので、本人にとっては不快で不安でストレスは増すばかり。

しかし最近は、自律神経が乱れる原因の1つとして、首や肩のこりとの関係が取り上げられるようになりました。

なぜ自律神経の乱れとこりが関係しているのでしょうか。

その前に、自律神経失調症ってどんな症状が出るのか主なものを見てみましょう。

自律神経失調症の主な症状一覧

自律神経が乱れることで、下記のような症状が現れやすいと言われています。

  • 首、肩、背中:首、肩、背中のこりや痛み、張り
  • :頭痛、偏頭痛、緊張型頭痛、頭重感、圧迫感、脱毛
  • :疲れ目、眼精疲労、まぶたのけいれん、ドライアイ、なみだ目
  • :耳鳴り、耳の閉塞感、突発性難聴、めまい、乗り物酔い
  • 循環器:動悸、頻脈、不整脈、胸の痛み、胸の圧迫感、めまい、たちくらみ、のぼせ、冷え、ほてり、しびれ、震え、吐き気、息切れ、呼吸困難、息苦しさ、過呼吸、体のふらつき、大量の発汗、寒気、高血圧、低血圧
  • 消火器:慢性胃炎、神経性胃炎、胃腸症、逆流性食道炎、過敏性腸症候群、下腹部の張(ガス)食欲低下、食欲不振、拒食、過食、異物感、吐き気、胃の不快感、便秘、下痢
  • 皮膚:皮膚の乾燥、かゆみ、多汗症、汗が出ない、冷や汗、じんましん
  • 手足:手足のしびれや痛み、ふらつき、多汗症、冷え
  • 全身:更年期障害、慢性疲労症候群、疲労感、疲れやすい、倦怠感、力が入らない、睡眠障害、不眠、大量の発汗、冷や汗、震え、微熱
  • 精神的:パニック障害、人間不信、情緒不安定、不安感、無気力、集中力低下、うつ、イライラ、被害妄想

たくさんあって分かりにくいですね。自律神経が乱れると、特定の部位だけではなく、全身のいろいろな箇所に症状が出てくることがあるのでとても厄介です。

ただ、上記の症状の全てが自律神経失調症が原因というわけでもありません。

例えば耳の症状で「乗り物酔い」とありますが、乗り物酔いをしたから自律神経失調症というわけでもないのです。

あくまで、自律神経が乱れると出やすくなる症状の一覧です。

 

病院でも見つけにくい自律神経とこりの関係。

悪い姿勢の例

こりは姿勢の悪さが原因になっていることが多いです。姿勢が悪くなると、肩や首の筋肉に大きな負荷がかかるようになり、その筋肉が緊張状態になります。

悪い姿勢は猫背だけではなく、スマホやパソコンの操作をしている時、読書をしている時などうつむいている姿勢も体にとって悪い姿勢になります。

肩や首の筋肉の緊張状態が続くと、筋肉は硬くなりこりを感じるようになります。そして硬くなった筋肉は首の周囲にある血管や神経を圧迫してしまいます。

血管を圧迫すると血流が悪くなり、疲労物質の乳酸が溜まり痛みを感じたり、頭がスッキリしない状態が続きます。

また、神経は全身に繋がっているので、首で圧迫されると頭痛が発生したり、食欲が低下したり、倦怠感、だるさを感じるようになります。やがて肩や首以外の箇所にも辛い症状が出始めます。

このように筋肉の緊張(=肩こり・首こり)が引き金になって、全身に辛い症状が出てきます。

この原因が筋肉のこりと気づけない場合、不定愁訴とか自律神経失調など原因がはっきりしない不快な症状として扱われます。

bfd1207

しかし、病院の検査でこれらの症状の原因が「筋肉の硬直(こり)」に辿り着くことはあまりありません。

運よく原因が首のこりと分かったら対処もできますが、現状はこりを検査で証明するのは難しいようです。だから、「なんでこんなに体調が悪いんだろう」と「病院のはしご」をする方も多いです。

 

スローコアピローは自律神経失調症に効果はある?

笑顔

スローコアピローは肩や首のこりが原因による自律神経の乱れには効果を期待できます。

その理由は、スローコアピローは首や肩の周囲の筋肉を和らげるのと同時に、体の全身をほぐすエクササイズだからです。

筋肉の緊張や硬直によって神経を圧迫しているのなら、その筋肉をほぐして柔らかくしてあげればいいですよね。

exercise01

首の筋肉に限らず、他の部位の筋肉でもやはり緊張が続くとその周囲にこりが生まれ、さらに近くの神経を圧迫し始めます。そうなるともっと多くの自律神経失調症の症状や原因不明の痛みが出てきます。

スローコアエクササイズは、肩や首だけでなく全身の筋肉の緊張を和らげるので、このような不定愁訴を徐々に緩和していきます。

なので、元々こりがあって今も肩や首のこりで悩んでいるのなら、スローコアピローで自律神経の乱れを整えていけるかもしれないのです。

1つ注意しておいてほしいのは、自律神経の乱れはこりだけが原因ではありません。こりとは全く関係ない場合もあります。

例えば、極度のストレス状態のもとでも自律神経失調症の症状は出ます。その場合は、ストレスを解消することが優先になります。

ただはっきりしているのは、神経が集中している首の筋肉が硬くなって良いことは1つもないということ。

「首や肩のこり」が気になっていて、かつ、「自律神経失調症の主な症状一覧」に載っているような症状があるようでしたら、スローコアピローは大いに役立つでしょう。

>>スローコアピロー公式サイトを見る

 

自律神経の乱れでスローコアピローを使った人の口コミ

自律神経の乱れで悩んでいた方が、スローコアピローを使ってどうなったのか?
実践者の口コミを紹介します。

評価5

私の症状は、酷い花粉症、終日続く眠気、頭痛、頭がボンヤリした感じが続いていました。そんな時にスローコアの体験会に参加しました。体験が目的というより、治す目的です。感想は、私の首の悪さを自覚したこと、首を良くするだけでこんな変わるんだ!という驚き。これは新鮮でした。というか衝撃でした。

 

評価5

めまいや動悸、月経不順にうつ症状といった自律神経の失調に5年あまり悩んでいました。今までいろいろなことを試してきましたし、病院にもいくつか行きましたが「自律神経が原因」と言われるだけで、改善されることはありませんでした。自律神経と首の繋がりのことを、本やテレビ、ネットの情報で知り、最後の望みをかけて購入しました。スローコアエクササイズは、首周辺の筋肉がほぐれていくのがすごく実感できます。1か月後には、体にも気持ちにも余裕が出てきました。これまでは、ほんの少しのストレスで体に不調を来していたのに、今では多少仕事で無理をしても体力が持続するように!動悸や息切れ、めまいが減り、辛かった時期を乗り越えたからか、自信も回復してきました。私の体の中で大きな変化が起きているような気分です。

 

評価5

スローコアピローを購入したきっかけは、東京脳神経センター松井孝嘉先生の本を読んたからです。この本により、私の自律神経失調症は首が原因であることを確信しました。それまではサプリメントを使ってきましたが、大きな違いは即効性です。スローコアをすると明らかに体がスッキリとするんです。人によって合う、合わないはあると思いますが、更年期障害や自律神経失調などにお悩みの方にとって、新しいアプローチだと思います。お薦めです。

 

評価5

介護疲れで精神的・肉体的に最悪な状態が3年ほど続き、鬱状態にまでなっていました。耳鳴りや不眠症もあり、内科の先生に相談していましたが、「今の状態は自律神経失調症で有効な治療方法がない」と言われていました。貰った薬も効果がありませんでした。実はスローコアのことはこの先生に教えてもらいました。最後の切り札として。1ケ月使用してまず睡眠に変化が起きました。この体操をすると、寝つきが良くなり、さらに目覚めの良さも段違い!耳鳴りはまだ100%解消されていませんが、気にならないくらいにまで良くなってきました。

 

評価4

私の症状は、酷い首や肩のコリ、頭痛、めまい、吐き気でした。重大な病気かもしれないと総合病院で検査を受けましたが、はっきりした原因は見つからず、自律神経失調症ではないかと言われました。本当に辛く、薬をもらっても効きません。整体やマッサージも効果なし。これが自律神経失調症かと思っていました。スローコアピローの事は、前から知っていたので思い切って購入。まず、テキストがしっかりしています。エクササイズをすると、体が緩むのと同時に手足はポカポカ。お風呂で血行が良くなる時に似た感覚です。とにかく目覚めの良さが快感!首こりにもよく、めまいや頭痛もほとんど出なくなりました。

 

評価4

10年以上自律神経失調症で苦しんだ挙句、心療内科でさらにうつ病とまで診断されました。自律神経機能検査の結果、交感神経亢進状態により不安やうつ、不眠、めまいや胃酸過多が起きているということが判明。処方された薬で不安感、吐き気、胃酸過多は楽になったのですが、頭痛やめまい、首こり、肩こり、不眠がなかなか治りません。そんな折スローコアを始めました。強く感じたのは、筋肉の緊張が交換神経に及ぼす影響力の強さです。今までいろいろなことを試しましたが、スローコアは最も変化を感じることができたトレーニングです。

 

評価5

私の症状は、酷い頭痛と肩こり、冷え性、末端から出る大量の汗でした。神経科では自律神経失調症と診断されていました。私は緊張しやすいタイプで、仕事でも常に緊張状態が続き、このような状態になったのだと思います。スローコアを始める前は、亜鉛やアミノ酸、ビタミン等のサプリメントや、漢方薬の服用、食事療法、催眠療法も取り入れました。しかし、なかなか良くなりませんでした。スローコアはそんな時に理学療法士の方から教えてもらいました。2週間ほどで睡眠に変化が表れ、体の軽さを感じるようになりました。手足の汗も止まり、筋肉を緩くすることの大事さや緊張による力みの強さを実感しました。同じく自律神経失調症に悩む方は、体の力を抜くことをおすすめします。

 

評価5

自律神経失調症を診断されて10年が経過。私の症状は、倦怠感、めまい、胸の締めつけ感、浅い呼吸、手足の冷え、肩こり、首こり、頭痛、耳鳴りです。日によって症状の強さは違いますが、毎日これらの症状が出るので、辛い思いをしていました。病院の薬も飲みましたし、評判のいい整体を聞けば遠くても足を運んでいました。サプリメントや催眠療法も受けました。私自身でも調べているうちに、首と自律神経失調症の因果関係を知り、スローコア枕体操を知ることになったのです。寝る前にこの体操をすると、本当に良く眠れます。そして耳鳴りがあまりしなくなりました。翌日の目覚めの良さは本当に素晴らしいです。薬に頼らずにここまで体を変化させたことに自信もつきました。自律神経にお悩みの方に一度お試しくださいと自信を持ってお伝えします。

 

長くなりましたが、自律神経失調症で悩んでいた方がスローコアピローを使った感想を紹介しました。

原文はもっと嬉しさに満ちており、それが文面に表われていました。公式ページに出ている体験談や口コミをまとめただけですので、是非ご覧になってみて下さい。

>>スローコアピロー公式サイトの口コミを見る

 

まとめ!自律神経の乱れはスローコアピローで良くなる?

こりがあって自律神経の乱れも起きているようなら、スローコアピローは試してみる価値があります。まずは肩や首のこりがほぐれていき、それから少しずつ時間をかけながら神経もリラックスされていきます。一緒にビタミンB剤も飲むようにすると、なおいいと思います。

ストレートネックと診断された方にもスローコアピローはおすすめです。ストレートネックも放置しておくと自律神経が乱れやすい症状だからです。

たかが「肩こり」「首こり」と思っていると、思いがけない症状が出てきてしまいます。こりは辛いですが我慢しようと思えば我慢できます。だから悪化してしまいます。

自律神経の乱れを整えるには、まず肩や首をリラックスさせてみることから始めのが、近道だと思います。

>>スローコアピローの詳細はこちら

 

 

コメント