スローコアエクササイズを1か月実践した効果と感想

スローコアエクササイズ1か月実践の効果と感想

僕は2014年からスローコアエクササイズを実践しています。

今は首も肩もかなり楽になったので、年に何回か忙しくて疲れた時に使う程度ですが、買った当時はかなり真剣に取り組みました。

同じく、これからスローコアピローを使ってみようと考えているなら、ぜひ最初の2、3か月は頑張って続けてみて下さい。

きっといい変化を体感できるはずです。

 

ところで、これからスローコアエクササイズをされる人は、何年も先の感想より短期間でどんな効果を感じられるかが気になるのではないでしょうか。

そこで今回は、スローコアエクササイズを始めて1か月で僕が感じた感想を紹介します。

 

と、その前に。

既にスローコアピローやスローコアエクササイズについてはご存知かもしれませんが、簡単にどんなものなのかをさらっと説明しておきます。

 

不要な方は目次の「スローコアエクササイズを1カ月実践した効果と感想」からご覧ください。

 

スローコアエクササイズとは?簡単に解説

細かく書くと長くなるし、公式サイトにも詳しく解説されているので、ここでは簡単な紹介だけにします。

スローコアピロー
首をけん引(伸ばす)するために開発された特殊な形をした枕です。
寝具用の枕ではありません。
この枕を使って仰向けになって行う運動をスローコアエクササイズと言います。

 

スローコアエクササイズ
筋肉の緊張をほぐし、こりにくい体を作ったり、ストレートネックの改善のために行う運動のことです。
ベーシック編とトレーニング編の2つがあり、
ベーシック編では、コリの原因となる筋肉の過緊張をほぐしリラックスさせます。
トレーニング編では、コリやストレートネックが再発しない筋力アップの運動を行います。

ものすごく簡単に解説するとこんな感じです。

 

流れは

  • コリやストレートネックの原因になっている筋肉の緊張をほぐす
  • 緊張がほぐれて肩周りが軽くなる
  • 繰り返さないように体を強くする

これがスローコアエクササイズです。

 

筋肉や関節の役割や動きを研究して考案された他にない方法なので、私のように

今まで何をやっても改善できなかった

という人の方が、凄さを実感できると思います。

 

スローコアエクササイズを1か月実践した効果と感想

風景

さすがに20年以上コリと付き合ってきたので、「1か月で悩みが全て解消!」とまではいきません。

ですが、コリには期待以上の成果が出たし、コリ以外にも嬉しい変化がありました。

たった1か月でどんな変化を感じたのか紹介していきます。

自信がついた2つの変化

2か月目もスローコアエクササイズを続けていこうと決めたきっかけは、2つの嬉しい変化でした。

 

1つは肩と首のコリが格段に軽くなったこと。

スローコアエクササイズは、とにかく頑固なコリを何とかしたくて始めました。

整体やカイロに通ったり、グッズを買ったりしてもどうにもできなかったのに、スローコアを始めたらたった1か月で軽くなりました。

 

もう1つは頭痛にならなくなったこと

エクササイズを始める前は、コリからくる頭痛が毎日発生していました。

コリが楽になるのに併せて、頭痛の発生頻度が減り、1か月でたったの4日にまで減少。

30日→4日です。

 

この状態ってよく考えると、普通のことなのかもしれませんが、僕にとっては劇的な変化でした。

やっと他の人と同じ体になれたのかなと。

この2つの変化が、スローコアエクササイズと僕の心とに自信をもたらしました。

 

これだけでも大満足でしたが、他にも気づいた変化があります。

 

寝違えなくなった

スローコアエクササイズを始めるまでは、頻繁に寝違えをしていました。

1回寝違えると1週間は首が自由に回りません。

それが多い時は1か月に2回もありました。

 

これは枕が悪かったのも理由ですが、スローコアエクササイズを始めてから枕を変えたら、全く寝違えなくなったのです。

でもやっぱり枕の影響が大きかったかな。

 

血流が良くなった

さらに細かいところだと、足先の冷えが軽くなった気がします。

他に冷え性対策はしていないので、スローコアエクササイズのおかげじゃないかと。

スローコアエクササイズは、首から足首まで全身をストレッチするので、関節の動きが滑らかになったり、血流が良くなったりします。

 

猫背になると疲れる

小学生の頃からひどい猫背で、友達の親が心配して注意してくれるほど。

猫背でいるのが普通でしたし、良くないとは分かっていましたが、猫背でいる方が楽でした。

でも、スローコアエクササイズを始めてから、猫背になると逆に疲れるんです。

だから姿勢にも気をつけるようになりました。

 

背筋を伸ばして歩いていたら、会社の同僚から「背伸びた?」って聞かれました。そんな年齢じゃないのに(笑)

 

スローコアピローでエクササイズ!1か月実践のまとめ

マッサージに行っても、整体に行ってもどうにもならなかった肩こりが、まさか1日15分で楽になるとは。

 

今までの苦労は何だったんでしょう。

 

最初のうちはエクササイズの動きを覚えるのが面倒だったり、これで合っているのか不安にもなりましたが、徐々に慣れてきました。

1か月ほど実践していると、肩の重さや首のぎこちない動きが少しずつ良くなっていきます。

1か月では完全にコリが無くなるというわけではありませんが、気づけるほどに改善され、モチベーションもグングンと上がっていきました。

 

コリを感じない日なんてかなり昔のことなので忘れていましたが気持ちいいですよ。

肩こりがない人にとっては普通のことかもしれません。

ですが、今まで肩に「おもり」を背負ってきた僕からすると解放された感じがするんです。

もしかしたら、苦労してきた分だけ、肩こりがない人より幸福感を感じているのかもしれませんね。

 

行動した結果「楽になれた」

コリなんて、放置して良くなるものではありません。

かと言って、やみくもにいろいろな方法を少しずつ試して改善されるほど、簡単な悩みでもありません。

どの方法が合うかは人それぞれだと思いますが、僕は体の仕組みを元に考案されたスローコアエクササイズがピッタリ合っていました。

 

全ての人に同じ効果が現れるわけではないでしょう。

ただ、同じ悩みを持つ人達のうちの1人でもスローコアピローで楽になれたら、このブログを作成した甲斐があるなぁと思います。

次のページでは、スローコアエクササイズを始めた直後から、3か月目以降の感想を紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました