ストレートネックって何?原因・症状・セルフチェックの方法を紹介

ストレートネックの女性

コリや姿勢に深く関係しているストレートネック。直訳すると真っすぐな首。なんか怖いですよね。

体の外からだと分かりにくいですが、正常な首はカーブしているものです。体重の10%ほどもある頭を支えたり、衝撃をやわらげるためにカーブが重要なポイントになっています。
ストレートネックはこのカーブがなくなった状態のことを言います。

首のレントゲン写真-

こうなるとどんな弊害が出てくるのか気になりますよね。

このページでは、ストレートネックのこと、原因、症状、セルフチェックの方法を紹介します。

 

ストレートネックになる原因

日本ではストレートネックになっている人は珍しくありません。気づいていない人が多いだけで、軽度の状態を含めると過半数の人がストレートネックになっていると言われています。

過半数どころかこんな話さえあります。

日本人の8割はストレートネックと言っても過言ではないのです。もちろん、重症の人から軽症の人まで程度のバラつきはありますが、軽い人も含めれば、私は、女性の9割、男性の7割はストレートネックに相当すると見ています。
引用:あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です!/永岡書店
著者:酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表)

さかいクリニックグループ代表
酒井慎太郎先生
テレビなどのメディアにもよく出演し、著書は60冊以上。数えきれないほどの有名人やプロアスリートから支持され「ゴッドハンド」を持つ男とも呼ばれる。すでに100万人以上の患者を診てきている。
HP:http://www.sakai-clinic.co.jp/

もはや現代病、国民病のレベルですね。
さらに年々増加しているそうです。
都内の花粉症有病率が推定50%弱らしいので、ストレートネックははるかに多いです。
参考:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/12/18/14.html

多くの人がなっていると根拠なく安心してしまいません?
いやいや、甘く見てはいけません。
ストレートネックは肉体的な影響だけでなく、神経や精神的な影響を引き起こすことさえあるんです。
だから早めにケアをしなくてはいけません。

ただし!
やみくもにケアを始めるのではなく、先に原因を知っておかないといけません。
というのは、ストレートネックの原因は日常生活の中にあるのがほとんどだからです。

その原因を意識して直していかないとストレートネックが快方に向かうことはありません。

原因は日常生活にある!

ストレートネックの原因のほとんどは生活習慣にあると言われています。

  • パソコンやスマホなど頭が前に傾く姿勢をしている
  • ゲームで前のめりになっている
  • 猫背で頭が前に突き出ている

共通しているのが頭が前に傾くような姿勢を長時間していること。他にも、電車やバスで居眠りをする、料理の仕事をしている人達も同じ状況と言えるでしょう。

幸いというのも変ですが、先天的なものや体質ではないので、逆に対処のしようがあるということです。

では、なぜこのような姿勢をとりつづけていると首が真っすぐになってしまうのでしょう。

ストレートネックになるまでの流れ

  • 頭が前に傾いている姿勢
  • 頭を支えるために頸椎に大きな負荷がかかる
  • 頸椎を助けるために首や肩の筋肉が異常に働く
  • 頭が前に傾いた状態で筋肉が硬直
  • 頸椎のカーブが消失しストレートネックになる
  • 背中、腰、ひざ等でバランスを取ろうとし負荷がかかり、首以外の症状が出始める

骨は変形するので、不自然な姿勢を日常的に行っているとカーブが無くなってしまいます。

意識して正しい姿勢を保とうとしても、筋肉が硬くなっているため、辛かったり持続できなかったりします。
そして段々とうつむき姿勢でいる方が楽になって悪化していきます。

ストレートネックは急に起こるものではなく、今までの生活が首に映し出されているようなもの。だからすぐに良くなるものではありません。

では、ストレートネックになるとどんな影響が出てくるのか見てみましょう。

ストレートネックでこんな症状も

先に紹介した酒井先生は、その著書の中で「ストレートネックは万病の元」と話されています。

また、私が使っているスローコアピローにはこのような症状が出る可能性があると書かれていました。

ストレートネックが疑われる症状
肩こり・首こり・頸椎ヘルニア・頚椎症・手や腕のしびれ・四十肩・五十肩・背中の痛み・頭痛・急性難聴・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠・睡眠障害・自律神経失調症・更年期障害・うつ症状・慢性疲労・イライラ感・集中力低下・ほてり・吐き気・その他不定愁訴など

引用:スローコア・エクササイズ「ベーシック」テキスト

これら以外にも、体のバランスが崩れることで、ひざの傷み、猫背、二重あご、下半身太りが起こりやすくなります。

上記の症状があるからストレートネックになっているというわけではありません。ストレートネックになるとこのような症状が出やすいということです。

肉体的な影響はもちろんのこと、筋肉が硬くなったり姿勢が歪むことで神経を圧迫し、神経的・精神的な症状が出る可能性も高まってしまいます。

原因不明の辛い症状を不定愁訴と言いますが、実は不定愁訴の原因がストレートネックだったということもよくあるそうです。

ストレートネックのセルフチェック

ではセルフチェックをしてみましょう。

ストレートネックのセルフチェック

 

  • 壁に背を向けてまっすぐ立つ
    力んだり背筋を伸ばそうとせず、いつもの姿勢で
  • 後頭部、肩甲骨、おしり、かかとが無理なく壁についているかどうか

 

このページをご覧の方だと、後頭部と壁の間に手のひら1枚か2枚分くらいのスペースができていると思います。

ストレートネックのセルフチェックの結果

隙間ができているとストレートネックになっている可能性が高いです。

 

特に意識して頭を壁につけようとしても動かない、痛くてつけられないという方は、かなりストレートネックが進行しているかもしれません。

原因を知って正しいケアを

ストレートネックは原因を知り、正しいケアを行えば改善するので、必要以上に不安がることはありません。

ただ、ケアが遅れると体のあちらこちらに弊害が出ることもあります。
もしお近くにストレートネックをケアしてくれる治療院があれば、早めに診てもらうことをおすすめします。

自宅から出る時間が取れない、近くにいい治療院がない場合は、スローコアエクササイズがおすすめです。私も実際に利用しています。

>>スローコアエクササイズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました