スローコアエクササイズを2週間続けて起きた変化に感動した話

スローコアピローとロキソニン

今回は、スローコアエクササイズを始めてから、2週間後を振り返ります。

20年以上も酷い肩こりと付き合ってきたので、さすがに2週間程度でコリが無くなったとかそんないい話はできません。

でも、明らかな変化もあったので、今回はその変化について紹介します。

 

ズキズキがスーッと(驚)

コリ自体も相当辛いものでしたが、それ以上に悩みの種だったのが、首と頭が毎日ズキズキしていたことです。

いきなりガンガンとくるわけではなく、昼くらいになると、違和感というか、詰まりというか、重苦しい感じが肩から頭にかけて発生してました。

その雰囲気を察知すると、すぐに頭痛薬を飲んでから仕事に。

 

もし下手に我慢すると、ガンガンと響きだしたり、ドックンドックンと変な脈動を感じるようになるんですね。

こうなっちゃうと、しばらくどうにもできなくなるので、早めに薬を飲む『癖』がついてしまいました。

そんな生活をほぼ毎日、10年以上の間続けていたのです。

 

たった2週間でも感じられた変化とは?

スローコアエクササイズを始めてから約2週間。

なんと、このズキズキがほとんど出なくなっていました。

 

まったくゼロというわけではありませんが、

1週間で6~7日

1週間で1日だけ

ここまで変化していました。たったの2週間で。

驚きながらも感動し、よく訳の分からない自信まで出てきました。

ズキズキしないのが普通なんですけど。

 

首のメンテナンスはめちゃくちゃ大事!

今回の経験で、いかに首のメンテナンスが大事なのか分かりました。

そりゃそうですよね。

6~7kgもある頭を、毎日細い首が支えているわけですから。

正しい姿勢の人でもそれくらいの負荷がかかっているのに、僕のように猫背だと、負荷は20kg相当になるそうです。

 

だから肩から首にかけて疲れ切っていたのだと思います。

そのシグナルがズキズキッという感じだったということ。

そこでメンテナンスをしてあげたから、スーッと引いていったのだと思います。

例えが悪いかもしれませんが、お腹が痛くてイテテテってなってる時に、トイレに行ってスッキリした感じ。

 

首って本当に大変な部位なんだなぁと改めて感じた2週間後でした。

スローコアの他にも、同じように首のメンテナンスをできる方法ってあるのかなぁ・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました