スローコアピローの使い方は難しい?準備したい物もまとめて紹介

スローコアピロー使用中の画像

スローコアピローもエクササイズも大学の教授が長い時間をかけて、実践と検証を繰り返し開発されました。

だから、正しい使い方をしないと効果を実感することが難しくなります。

 

でも、いきなりこんなことを言われたら、自分にもできるのか不安になりますよね。

そこで今回は、スローコアピローの使い方や準備するといいものを紹介します。

ここを読めば、何となくスローコアエクササイズのイメージができるはずです。

 

必要なスペースとあるといいもの

まず大事なのがスペースです。

バンザイしながら横になれるスペースを確保しましょう。

 

床は畳かカーペットの上がいいですが、我が家には手頃な場所を確保できなかったので、フローリングに100均で買ったジョイントマットを敷いて使っています。

ジョイントマット

ヨガマットがあると最高です。

 

床が硬いと、エクササイズ中に背中が痛くなるので、フローリング直は避けるようにしましょう。

 

ベッドは体が沈み込むような柔らかいマットレスはNGとのこと。

我が家は少し硬めのマットレスなので、ベッドでエクササイズする時もよくありました。

 

必須ではありませんが、スローコアピローの下に敷く滑り止めマットがあるとなおいいです。

すべり止めマット

100均で売ってるもので十分です。

 

一応、スローコアピローの底面には滑り止めの溝がついていますが、床の状態によっては、ちょっと動く時があります。

スローコアピロー底の滑り止め

今はまた改良されているかもしれないので、実際に使ってみて、滑るようなら後で買い足すといいと思います。

 

スローコアピローの使い方

  • 枕に首をのせて仰向けになる
  • テキストに載っているエクササイズをする

使い方はこれだけです。

全然難しくありません。

参考動画を見れば、もっとイメージしやすいと思います。
※音声が出ます。

運動は緩いものばかりで、難しくありません。

動画では一部の運動だけが紹介されていましたが、合計で12個の動作があります。

 

エクササイズは2種類ある

エクササイズは2種類あります。

  • ベーシック編
  • トレーニング編

絶対やるべきなのはベーシック編で、これがスローコアエクササイズの肝。

 

テキストは少し大きめの文字と画像で解説されているので、エクササイズの仕方も理解しやすいですよ。

テキストの文字サイズ見本

1つ1つの運動には目的も書かれているので、やりがいが湧いてきます。

 

トレーニング編については、再発を防いだり、正しい姿勢を保つための筋力アップをするものです。

トレーニングは疲れるので、僕はやっていません(笑)

 

1日1回15分あればできる

ベーシックでは10個ちょっとの運動があり、全部やっても10~15分程度で終わります。

1日1回でいいですが、時間があるなら2回、3回と実践しても大丈夫です。

でも、焦ってエクササイズをするのは厳禁。

1日1回でも十分効果は得られるので、無理に回数を増やさないようにしましょう。

 

自分のペースで進められる

また、首の状態によっては、最初の頃に痛みや気分の悪さを感じることがあります。

こんな時は、無理に全てのエクササイズをしようとするのではなく、気持ちいいと思えるものだけをやっておけば大丈夫です。

続けるうちに体が慣れてくるので、それに合わせてエクササイズを増やしていけば問題ありません。

 

老若男女誰でも実践できる

スローコアピローは、仰向けに寝られる方なら誰でも使うことができます。

エクササイズの特徴は、インナーマッスルという姿勢を維持する筋肉を緩めることにあります。

緩めるものなので、ハードな動きや大きな動きはありません。

ゆっくり、小さく動かす運動ばかりなので、使い方は心配しなくても簡単ですよ。

 

以上、スローコアピローの使い方でした。

もっと詳しく!

公式サイトを見る

 

次のページでは、効果が出せないパターンや買わない方がいい人を紹介しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました