スローコアピローのレビュー「首・肩のこり」「頭痛」はどうなった?

スローコアピロー001

 

20年もまとわりついていた 「首こり・肩こり・頭痛」から解放された方法!

『スローコアピロー体験記「肩こり・頭痛」は治るのか?』

このブログでは、私がスローコアピローを使ってエクササイズを実践した結果や使った感想、気づいた点、商品情報をどのサイトよりも細かく紹介しています。肩こりや首こり、頭痛が私より酷い人も、私ほどではない人も、こりに悩む人全てに紹介したいのがスローコアピローです。あなたも例外ではありません。

1日も早くこりから解放できる方法は目の前にあります。まずはどんな方法かあなたの厳しい目でチェックしてみて下さい。

 

518人中480人もの人がスローコアエクササイズに満足しています。使用者満足率92.7%です。

 


▼スローコアピローが1セット限定の特別キャンペーン中!▼

スローコアピロー期間限定キャンペーン詳細はこちら

 

finger-icon05_r1_c4おすすめ記事

スローコアについて「私が感じたことのまとめ」は、このまま読み進めて下さい。

 

私が悩んでいた症状

スローコアピローの体験レビューの前に、私がスローコアピローを使い始める前に悩んでいた症状とコリが発生する原因を解説します。

首のコリや肩のコリで20年以上も悩んでいました。マッサージに行っても、整体に行っても良くなるのは1日程度。翌日はモミ返しでコリは再発。

いろいろ試した中では、カイロプラクティックはまだ良かった方かなと思います。数日は肩や首のコリが楽になっていました。しかし、1回の費用に5,000円もかかり、隔週で通っていたので1ケ月で10,000円も必要になりました。さらに、施術者が1人だったので、スケジュールも合わず、段々と予約を取るのが面倒になり、カイロプラクティックからも遠ざかりました。

私は、首や肩のコリからくる「頭痛」にも20年近く悩んでいました。当時はほぼ毎日頭痛薬を飲んでいました。飲まなければ元気が出ないくらいの中毒症状。3度の食事より頭痛薬状態です。おかげで副作用により、日焼けできない体になってしまいました。

頭痛が多かった時は、気分が晴れることは無かったです。仕事も遊びも、やる気があまり起きなかったです、その当時は。
こんな状態から私はスローコアエクササイズを始めたのです。

 

取れない首や肩のこり。その原因は何?

慢性的に続いている首や肩のコリ。この原因は、ほとんどが筋肉の異常な緊張や硬直です。

生真面目な人や、不安症な人、責任感が異常に強い人は肩に力が入りやすくなるので、特にコリが長引く傾向にあります。女性は男性より筋肉が弱く、首の関節が柔らかいので、なおさら慢性的なコリに発展しやすいようです。

この筋肉の異常に併せて、最近は「ストレートネック」という症状が問題になっています。ストレートネックは継続的に「うつむき姿勢」「前傾姿勢」になることで起きる首の骨の異常のことです。

スマホやパソコンの発達で顔が前のめりになる機会が飛躍的に増えました。そんな姿勢を続けている為に、本来は湾曲しているはずの骨が真っ直ぐ(ストレート)になってしまうのです。

straight2

首の骨は湾曲していることで、頭の重さを分散しバランスをとっています。背骨の延長線上に頭があるのが正常です。しかし、首の骨がストレートになってしまうと、背骨より前の方に重心が移動してしまいます。やがて首の骨だけでは頭の重さを支えきれなくなり、首や肩の筋肉に助けを求め、その仕事を負担してもらうことになります。

首や肩の筋肉は常に頑張り続けるようになり、コリが発生
してしまうのです。

ストレートネックは、急になるものではありません。毎日うつむき姿勢や前傾姿勢を繰り返していることで、段々と真っ直ぐになっていきます。

現代では既に10代の子供でもストレートネックの兆候が多く見られ、20代、30代の大半はストレートネックになっているか、または予備軍になっているそうです。

つまり、肩こりや首のこりに悩んでいる方の大半は、ストレートネックが関与していると言っても過言ではない状況になっています。

私の場合は、ストレートネックと診断されたわけではありませんが、ストレートネックになっても全く不思議ではない生活を過ごしていました。毎日仕事でパソコンを使って、空いた時間は携帯やスマホ。完全にうつむき姿勢が常態化していましたね。

 

この症状ってもしかしてストレートネック?

では自分がストレートネックかどうかはどう判断すればいいのでしょうか。いちばん確実なのは整形外科でレントゲンを見てもらうことです。

なかなかレントゲンを撮りに行く時間がない方用に、ストレートネックになると出てきやすい症状やストレートネックになりやすい体勢を紹介します。あなたも何個当てはまるかチェックしてみて下さいね。

  • 慢性的にコリがあり原因が不明。
  • 市販の肩こり用のビタミン剤を飲んでも良くならない
  • コリと一緒に頭痛もくる
  • 手足のしびれ(ヘルニアの可能性もあり)
  • 寝違えが多い(私は週に2,3回寝違えてました)
  • 上を向くと、首の骨に違和感や重さを感じる
  • 若いのに耳鳴りがする
  • 頭がボーっとしている
  • 頭痛の原因が病院でも分からない
  • 猫背
  • スマホやパソコンが大好き。
  • 椅子に座っている時おしりが前の方にずれていく
  • いろんな枕を試したがコリや頭痛に効果がなかった
  • 毎日が憂鬱に感じる

どうでしょうか?いくつか当てはまりましたか?3個以上当てはまった方は、ストレートネックを疑い始めた方がいいでしょう。

ただ、『上記の症状が出ている』=『全てがストレートネックが原因』というわけではありません。

ストレートネックになっているとこのような症状が出やすくなります。
今ストレートネックじゃなくても、今後ストレートネックになりやすい状態になっています。

ちなみに私は12個も当てはまっていました・・・。

 

ストレートネックを解消するには?その1

まず結論を言ってしまうと、ストレートネックは戻せます。正しい方法を知り、実践すればストレートネックは自分でも元に戻せる症状です。首の関節は柔らかいので、いい負荷を与えてあげればいいのです。

また、ストレートネックを元に戻す方法は、コリを解消する方法にも活用できます。つまり、ストレートネックじゃない人も、同じ方法で首や肩のコリを解消させることが可能です。

まずは、ライフスタイルの中で気をつけるべきことは、

  • 正しい姿勢でいること(うつむき姿勢を長時間続けない)
  • スマホやパソコンをなるべく使わない
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない
  • 栄養バランスのいい食事をする

これくらいやれれば、かなり改善できると思います。と言うより、これらが出来る人は、コリとは無縁の生活を送っていると思います。

 

ストレートネックを解消するには?その2

その1は理想的なライフスタイルでした。これが出来ないからコリが発生しているのですよね。では、別の方法です。

こり解消あるある

コリを無くしたいと思った時、湿布やマッサージ器を最初に試すのではないでしょうか。私はそうでした。湿布は一時しのぎだし、温感・冷感を間違えると逆効果になります。マッサージ器を使うと、段々と強さを強くしてしまい、結果的に筋肉を逆に傷めていました。

こりにいい寝具用の枕を買うという選択肢もあります。でも、コリが酷い状態で枕を選んでいいものが見つけられるでしょうか。今、その姿勢だからコリが発生しているのです。オーダーメイドであっても、こりが発生するような姿勢の状態に合わせて作ることになりますよね。気持ちよく眠れるという点では、オーダーメイドの枕は素晴らしいと思いますが。

これらのことを次々に試しても、骨格が変形してしまっているストレートネックが相手となると、元に戻すというところまではできないでしょう。

その1の復習
  • 正しい姿勢
  • スマホやパソコンをなるべく使わない
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない
  • 栄養バランスのいい食事をする

その1で話したライフスタイルで気をつけることです。これが出来れば文句なしです。私は今でも殆どができていません(^^;)

だけど、私が20年以上付き合ったコリは解消されているんです。そのきっかけがスローコアエクササイズだったのです。スローコアピローは簡単な動きを加えることで、ストレートネックを元に戻そうとする枕です。

その動きは、インナーマッスルという体の深くにある筋肉を柔らかくする運動なので、ストレートネックじゃない人の慢性的な肩こりや首こりも解消できます。思い出して下さい。コリは筋肉の異常な緊張から発生しているのです。

 

▼スローコアピローの在庫がピンチ!1セット限定の特大キャンペーン中!▼

スローコアピロー『特大キャンペーン+送料無料』はこのサイトだけ!

 

スローコア体験レビュー 効果の出始めが早いから続けられた!

ここまでコリが発生する原因とストレートネックについて解説してきました。ここからは、私のスローコアピロー体験レビューとスローコアエクササイズについて紹介しますね。

私がスローコアエクササイズを始めて、今までと違った感覚を覚えたのは2日目です。

決してたったの2日で、首や肩のこりが無くなったという訳ではありません。さすがに私の場合は、コリや頭痛に20年近くも悩んできています。1日・2日で無くなるほど人生は甘くありませんでした。

2日目で感じたのは、小学生の頃から注意され続けていた猫背が少し真っ直ぐになり始めたこと、頭痛薬を飲む回数が減ったことです。このように、途中でコリが解消されていく実感を感じられるのはとても大事だと思います。

この実感のおかげで、私は今もコリを感じた時には、その日の夜にスローコアエクササイズを実践する習慣が身についています。だから、翌日にコリを持ち越しません。

 

スローコアエクササイズって危険じゃないの?

banner-1165975_1280

「ストレートネックは首の歪みが原因なんでしょ。それを治すのなんて危険じゃないの?」
そう思う方もいるかもしれませんね。

これは私が断言します。答えは「NO」。
※よほど無茶な使い方をしなければです。

体中をボキボキ鳴らすマッサージの方が余程危険です。スローコアエクササイズは、ゆったりとした動きが特徴のエクササイズです。その名の通り、「スロー」ですから。

使う道具は、特殊な形状をした枕1つ。それがスローコアピローです。

zissen2

その枕も首を伸ばすために考えられた形で、無理に引っ張ったりするものではありません。頭の重さを利用し、その上でゆらゆら~って動かして首を元に戻そうとするだけ。

しかも、動かすのは首だけではありません。むしろ首を動かす時間はほんの僅か。枕に頭を乗せたまま全身をストレッチしていくんです。これが驚くほど効くんです。

最近のメディアでは、首や肩のコリの原因は、首や肩にはないと言われているのをよく見かけます。根本の原因は、ストレートネックに代表されるように首や肩に原因があります。

しかしそこから体の異常は広がり、肩甲骨や腰、足の筋肉がコリに悪影響を及ぼしていることも間違いではありません。つまり、全身をほぐしていかないと、コリから解放されることはないのです。

スローコアは危険ではないですが、敢えて言うなら、エクササイズ中に痛みを感じる動きはしない方がいいくらいですね。

酷いコリや頭痛、ストレートネックを放置しておくほうが余程危険です。

 

毎日スローコアエクササイズを続ける自信がない・・・

私と同じ悩みをお持ちの方は、こう思うかもしれませんね。私もそうだったので。

「確かにコリや頭痛は良くなりそうだけど、ず~っと永遠にやり続けないといけないの?」

その点は大丈夫です。私は敢えてスローコアエクササイズを実践しない期間を作りました。個人差は出ると思うので、参考程度にご覧ください。

まず私の場合は、1ケ月でかなり満足いく成果を出せました。パソコン作業が多かったので、コリは発生しましたが、酷くはならず、スローコアエクササイズをすれば解消できる程度になっていました。

何より頭痛薬を飲む回数が激減したことに喜びを感じていました。この状態まで来た時は、2日に1回くらいのペースでスローコアエクササイズをすればいい状態になっていたんですよ。

暫くすれば1週間に1回で良くなり、さらには1ケ月スローコアエクササイズをしなくてもいい状態にまでなりました。

とうとう6カ月間実践せずにいたら・・・これはさすがにダメでした。頭痛薬を2日1回くらい飲む生活に逆戻り。でも、それから数日間くらいやり続けたら、またコリが酷くならない状態まで復活しましたけどね。

恐らく、1度しっかりとエクササイズを行い、コリが発生し難い体になれば、根本が良くなっているのだと思います。だから、すぐ快調に戻れたのだと思います。

毎日続ける方がいいですが、無理に毎日続けなければというプレッシャーは不要です。根本が良くなってくれば、自分の生活スタイルに合わせて楽に進めていけばいいと思います。

プレッシャーこそ首や肩のコリに直結します。それはストレスになるからです。

 

スローコアピローはストレートネックにしか効果がない?

ここまでスローコアピローについて私が使ってみた感想や可能性を紹介してきました。私以外の方の感想は、
straight3

使用者の満足度が90%以上というかなり高い実績を誇っています。

ところで、先に少し触れていましたが、スローコアピローはストレートネックからくる首こりや肩こりにしか効果がないのか説明します。

私は医師にストレートネックだと言われたわけではありません。行く先々の整体師の方に「首の骨が突き出ている」と言われたことは何度もありますが(^^)

「取れない首や肩のこり。その原因は何?」のところでも書きましたが、ストレートネックになると、首や肩の筋肉が異常に緊張します。それをほぐしながら、首の骨に湾曲を取り戻すのがスローコアエクササイズです。

つまり、ストレートネックじゃなくても、首や肩の筋肉を柔らかくすることができるのです。慢性的なコリの原因は筋肉から来ている場合が多いので、ストレートネックじゃないんだけどなぁと言う方も安心して下さい。コリはほぐれます。

ネタバレになると販売者さんに怒られるので詳しく書けませんが、肩甲骨周辺の筋肉や股関節周り、足首やつま先に至るまで全身をほぐしていくのがスローコアエクササイズです。

もし、ストレートネックじゃなかったとしても、スマホやパソコンを使う生活を送っている現代は、ストレートネックになる危険性が高いと言えます。その予防としてもスローコアは使えます。これからの日本人はストレートネックと無縁の人の方が少なくなるでしょう。

コリの解消や首の修復だけではなく、コリ予防もできるので実践して損することはありません。

 

肩も首も筋肉ふにゃふにゃに!スローコアピローはこちら

 

驚愕の費用対効果!スローコアピローの耐久年数は10年以上!

決してスローコアピローは安い枕ではありません。私もそうやすやすと購入できたわけではありません。

私は当時カイロプラクティックに1ケ月2回通っていたので、こんな費用の計算をしました。
1回5,000円×2回×12カ月=120,000円。
なんと1年で12万円も使っていたのです。
これが2年になると・・・
3年通うと・・・((゚Д゚;)

でもスローコアピローとテキストがセットになっている
スローコアフルパックEXだと19,800円

1年で約10万円も節約できてしまう。そして、これが私に合っていたのです。約10万円を自分の好きなことに使うことができるようになりました。

さらに、スローコアピローは特殊発泡ウレタンという素材を使用しているので、耐久年数は10年以上!普通の枕でこれだけ長持ちするものはありません。

ただ、この素材の弱点は、商品到着後数日は素材の匂いがあること。私は全然気になりませんでしたが、唯一の弱点だと思います。

それにしても、10年の耐久性ってスゴイですよね。

 

スローコアピローを使い始めて16か月後の感想

スローコアピローを使い始めて16カ月が経ちました。途中でエクササイズをしなければどうなるか等といった実験をしていたので、実質はもっと短いのかな。

ここで心底思うのは「人生を変えた枕」ということ。少しオーバーに聞こえるかもしれませんね。そうでなければこんなに長々とは書けません。

20年近くもほぼ毎日頭痛薬を飲み、胃を荒らしてきた私からすると、コリにくい体になったこと以上に、
薬漬けからの解放
が何より嬉しいです。

頭痛薬2

 

頭痛薬は副作用も出やすい薬です。私は日焼けすると大量の湿疹が出るようになってしまいました。それ自体はこれから治るものかどうか分かりませんが、今までのように頭痛薬を飲み続けていれば、さらに別の副作用が発症したことでしょう。

もうコリどころではなくなっていたかもしれません。そのリスクが無くなった今、16か月前と比べて人生が変わったと思えてくるのです。

いつまでも悩み続けずに、2万円弱の枕でユラユラ~ってして良かったと思います。

コリは脳に近い箇所で発生するので、気分も沈みがちになります。性格までは変わりませんが、気分は明るくなれました。

もっと細かい体験・レビューはこちら

 

首のコリに潜む危険な病とは?

最後に公式サイトでも紹介されていますが、首のコリ(筋肉の異常な緊張)と自律神経失調症についてです。

straight4.1

これらの症状全てが自律神経失調症によって引き起こされるわけではありません。他の病の場合もあります。しかし、首のコリやストレートネックが原因で、自律神経とりわけ副交感神経に異常が発生すると、このような症状が起きるようになります。

原因がはっきりとせず、ただ体調が悪い時に「不定愁訴」と言われたりしますが、この不定愁訴の原因がストレートネックだったという事例が最近多く出てきているそうです。

もし、他の病など思い当たるものがなければ、首がこっていないか思い返してみましょう。もしかしたら、ストレートネックが副交感神経に悪さをしているのかもしれません。

スローコアエクササイズ体験レビューまとめ

私がスローコアエクササイズを実践したレビューをコリの仕組みも交えお話してきました。最後にチェックテストです。

  • 今までの肩こり解消法で状況は変えることができそうですか?
  • これからもコリをごまかしながら、付き合っていくのは辛くないですか?
  • ストレートネックになりそうな生活をしていませんか?
  • 気の重い毎日から、昔のように軽い毎日に戻りたいと思っていませんか?

1つでも当てはまるなら、答えは目の前にあります。私は全て当てはまっていました。

▼今なら在庫あり!スローコアピローが1セット限定特別キャンペーン中!▼

肩こり解消は目の前に!スローコアピロー★期間限定★超超特大11大特典はこちら!

しかも!送料無料はこのサイトだけの特典です!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました