スローコアピロー体験記-コリ歴20年以上!本音の口コミレビュー

スローコアピロー

今までの肩こり解消法で満足できなかった人にしかおすすめしません。

僕がスローコアピローを使い始めたのは2014年。

今はというと、ほとんどスローコアピローの出番はありません。

「これもダメだった・・・」

というわけではなく、

その逆で、もうスローコアピローのお世話にならなくてもいいんです。

それまで20年以上も頑固なコリに悩んでいたし、今回も半信半疑で始めたので、正直なところ自分でも驚いているし感謝もしています。

 

今はお守りのように大事に置いてあって、調子が悪くなった時に使うくらい。

仕事上、パソコンやスマホを1日15時間ほど使うので、調子が悪くなる日もあるんです。

そんな時だけ使っています。

本当は調子が良くても毎日使った方がいいですけどね。

 

スローコアピローは数千円で買える肩こり解消枕ではありません。

価格はそれなりにします。

だから誰にでも薦められるものではありません。

 

特に、

  • 寝る時に使う枕を探している
  • 仰向けになることができない
  • 短期間で一発解消したい

こういった方にはスローコアピローは不向きです。

 

逆に

  • 何をやっても効果が出なかった
  • もう何を試せばいいのか分からない
  • 根本的な改善の為なら1~3か月我慢できる

こういった方にはお薦めできます。

 

このブログでは、僕のスローコアの体験をもとに、思ったことや気づいたこと、学んだこと等々を紹介しています。

実際に使っている人の『生の声』をチェックしたい方は、ぜひご覧ください。

 

今までにない!「枕」と「エクササイズ」のW使い

スローコアピローを間違って認識している方も多いと思うので、簡単に仕組みを紹介します。

ピローとは枕のことです。

ですが、スローコアの枕は寝具ではありません。

首をのせて頭の重さで「けん引」するために特殊な形をした特許取得済みの枕です。

 

スローコアピローの使い方

スローコアピローの上に仰向けになって、首や肩、肩甲骨、腰、股関節、脚まで全身をゆるく動かします。

この運動のことをスローコアエクササイズと言います。

 

特別な枕(スローコアピロー)を使って、エクササイズするのがスローコアの仕組みです。

特殊な枕とセットで行うエクササイズって今まで実践したことないと思います。

だから今までの方法で満足できなかった人にこそ期待してほしいです。

 

スローコアはずっと悩んでいる人に向いている

スローコアエクササイズは、仰向けになれさえすれば年齢・性別に関係なく誰でも実践できますが、個人的には長い期間コリに悩んできた人向けだと思います。

というのは、エクササイズをするという手間があるから。

スローコアピローは面倒くさい

 

正直言って面倒です(笑)

 

でも、「もう他に何をしたらいいか分からない!」という状況にまで追い込まれていると、

  • どんな方法なのか
  • 考案者はどんな人なのか
  • 今までやってきた方法とは違う何かがあるか

を調べますよね。

その上で買うから、多少面倒でも頑張れます。
僕自身がそうでした。

 

でも、ちょっとコリが気になっているくらいだったら、手間がかからない、費用もかからない、そんな方法を試したくなるものです。

安易に選んだ方法は、途中で信用していいか分からなくなり、また別の方法を探し出す。この繰り返しに陥ります。

だからスローコアは、長い間悩んでいる人の方がしっかり活用できるはずです。

 

数か月我慢するか永遠に我慢し続けるか

スローコアエクササイズにかかる時間は、1回で10~15分程度です。

1日1回でいいので、仕事や家事に忙しい方でも大丈夫。

 

やることは簡単ですが、効果を実感するまで「続けられるか」がポイント。

個人差は出ますが、はっきりと実感するまでには1か月~3か月はかかります。

変化を感じると、嬉しくなって毎日のルーティーンにすんなりと入りこみますが、それまでは自分との闘いなんです。

 

調子が良くなってくると、エクササイズが気持ち良くなります。

そこまでくれば、長年の悩みが解消されるまであと少し。

そうなるまでは、焦らずに3か月くらい続けてみて下さい。

この数か月でこの先の何十年が変わるかもしれません。

 

オーバーじゃなく、本当にそう思います!

 

変化を感じるまでにかかった期間と感想

スローコアピローとテキストの画像

個人差は出るでしょうが、僕の場合だと数日で小さな変化を感じました。

本当に小さな変化でしたが、これが続けるきっかけになったのです。

 

最初の小さな変化とは姿勢でした。

小学生の頃から姿勢が悪く、友達の親にまで猫背を注意されてたくらいの筋金入り。

 

丸まってるから筋金は入っていないか・・・

 

僕にとっては、猫背こそが普通の姿であって楽でしたし、頑張って背筋を伸ばすと逆に疲れるくらいでした。

「ウンウン、分かるよその気持ち」と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

幸が薄そうで、弱々しく見える見た目はずっと気にしていましたけど

 

そんな僕でしたが、スローコアエクササイズを始めて数日で、「猫背が疲れる」と感じるようになったんです。

シャキッとした姿勢でいられる時間は短かったですが、

背筋を伸ばす=気持ちいい

ということを30代後半で知ることになりました。

 

ところで、なぜ背筋が伸ばせるようになったのでしょう。

僕の場合は、昔から猫背になるように筋肉が硬くなっていたようです。

バルーンの画像

出来上がったバルーンは、指で動かすことはできますが、指を離すと元の形に戻ってしまう。

頑張って背筋を伸ばすことはできるけど、元の丸まった姿勢に戻ってしまう。

そんなイメージです。

そんな状態をエクササイズでリセットすることができたからです。

 

筋肉をほぐすというのは、スローコアエクササイズの重要なポイントです。

本当にほぐせる方法って、世の中にそれほど出回っていません。

だからいろいろ試しるのにも関わらず、首も肩もスッキリしないんです。

 

1か月後に確信に変わった変化とは?

スローコアピローを買ったことが『正解だった』と確信したのは、1か月後くらいでした。

日に日に首と肩が軽くなっていくのを感じていたのがこの時期です。

 

いつも首や肩に言葉で言い表せない重みやダルさを感じていませんか。

あるいは、詰まりのように感じているかもしれません。

以前の僕もそうでした。

首から上を取り外して、水で綺麗に洗ってみたい

そんな妄想だらけの日々。

 

エクササイズを始めて1か月ほどで、よく分からない溜まっていたものが軽く小さくなっていく感じがしました。

同時にコリを感じない日も増えて。

「毎日重かったのに、なんだろ?この感覚。」

これが率直な感想でした。

 

スローコアピローは、頭の重さで首をけん引するように作られています。

そのおかげで首が伸びたから、こんな感想が湧いてきたのだと思います。

筋肉が柔らかくなって、圧迫から解放されていった感じ。

嬉しさを通り越して自信がついていました。

 

今思えば、姿勢が良くて、コリがないのは普通のことのはずなのに、なぜ自信になったのかよく分かりません。人間ってそんなものなんだと思います。

スローコアで大事なのは

軽く感じられるようになるまでの時間は、状態によって違います。

スローコアエクササイズで大事なのは

  • 小さな変化を見逃さず喜ぶ
  • 調子に乗れるまでは面倒でも続ける
  • 結果は出る!と信じる

この3つ。

子の成長を見守る親の心情にも似ていますね。

子は今のあなた、親は数か月後のあなたです。

 

スローコアピローに決めた5つの理由

そもそも、なぜスローコアピローに辿り着いたのか。

ネットには無料で実践できる方法が山のように紹介されているし、1000円ちょっと出せば本だって買えますよね。

でも僕はスローコアピローにしました。

 

1番は、他にいろいろな方法を試し過ぎて、何がいいのか分からなくなっていたからです。

だから全く違う方法を試してみたかった。

さらに、スローコアピローに決めたのには5つの理由があります。

 

  1. 専門家や大学教授のチームが開発した信頼感
  2. アスリート用を一般人向けにアレンジした「なんか凄そう」な感じ
  3. 1日15分なら僕にでもできるかもという甘い考え
  4. 国民病になっているストレートネック対策もできる
  5. コリは自律神経にも影響を与えるという恐怖

 

柔道で元オリンピック日本代表だった柔道整復師が監修、静岡大学の教授が効果の検証を学会で発表するなど、権威性に弱い僕は1つ目で既に買う気になっていました。

2番から5番は、実は自分を納得させるための口実です(笑)

口実でしたが、最近はストレートネックや首コリが自律神経に関連しているという話題をよく目にするので、結果的に「いい判断」ができたと思います。

 

デメリットもあります

上の5つの理由はそのままスローコアピローのメリットとも言えます。

せっかくなので、僕が感じたデメリットも紹介しておきます。

  • 結果が出るまでは価格が高いと感じる
  • エクササイズに慣れるまではそこそこ面倒
  • 本当に困った人しか続けられないと思う

結果は安い買い物でした

あなたもいろいろな方法を実践するために、これまで多くの費用を費やしてきたと思います。

僕もざっと計算したところ、まぁ、なんというか・・・・

 

30代サラリーマンの月収3か月分以上

 

今後もこの金額を使い続けることを考えれば、スローコアピローの価格は破格と言ってもいいくらい安い買い物でした。

でも、そう感じられるようになったのは、結果が出たからで、この境地に達するまでは「高い買い物」だったわけです。

注文のボタンを押した時、過度な緊張で疲れてしまい、そのまま寝てしまいました(笑)

 

エクササイズは簡単なものですが、覚えるまでに1週間くらいかかりました。

その間はテキストを見ながら行うので、その期間はじれったかったです。

面倒には感じていましたが、今までやったことがない方法だったので期待感で乗り越えました。

 

肩や首、肩甲骨を動かす方法は、本でもネットでも溢れるほどありますが、

首を正しい状態に保ち、体の奥にある筋肉をほぐす方法は出回っていません。

 

これをできるのがスローコアエクササイズで、まるで「首から上を外してきれいに洗う」です。

何年もいろいろな方法を実践してきた中で、こんな感覚を覚えたのは初めてでした。

まとめ

このブログでは、スローコアエクササイズを実践して感じたことや学んだことを、いろいろ紹介していますが、このページが1番素直に書けていると思います。

ありのまま、感じたまま書いているので。

 

お金がかかるとか面倒だとか、素直に書いてます(笑)

 

結果論ですが、僕はスローコアピローでコリ解消法探しが終わったので、とても感謝しているし、気持ちも軽くなっています。

 

出費もゼロになったし!

 

でも、ある程度の期間、続けてみようと思う人にしかおすすめできません。

一発解消とか即日でというのを探している方には不向きです。

 

費用は最初の購入時だけなので、負担は続きません。

ですが、家にスローコアピローが届いてから、まず「続ける」という自分との闘いが始まります。

本当に困っている人なら難なくクリアできますが、そんなに困っていない人だとすぐにやめてしまうかもしれません。

 

子どもの頃の「違和感がない生活って幸せだったよね」と回想してしまう方だけにおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました